脇汗を止めるために自分でできる方法

脇汗が大量に出ると、汗のシミや匂いだけではなく、周囲の人に迷惑をかけているのではないかと気になったり、実際周囲を不快にしている場合もあります。

こんなときは脇汗をとめることができれば一番の解決法になります。では、脇汗を止めるにはどうしたらいいのでしょうか。自分でできる脇汗対策法をご紹介します。


自分でできる脇汗を止める方法

DEBU85_kuchiki15173357-thumb-autox600-15884
・制汗剤

汗を止めると聞いて真っ先に思い浮かぶのは制汗剤の利用です。制汗剤には収斂作用という、毛細血管を収縮させることによって感染を防ぐ働きをする成分が入っています。

この働きによって汗腺をふさぎ、汗を止めるのです。収斂作用のあるものにはミョウバンや塩化アルミニウムがあり、塩化アルミニウムは病院でも多汗症の治療などに利用されています。

・ハッカ油

ハッカ油には体感温度を下げる働きがあります。このハッカ油を脇の下に塗ることで脇の下の温度が下がりあせがでにくくなります。

・リンパ節を冷やす

汗は体温が上昇するのを防ぐ働きがありますが、リンパ節を冷やすことで体の温度を下げ、汗を止めます。リンパ節は首の後ろ、左の鎖骨の下、脇の下、太ももの付け根、ひざの裏にあります。

・ツボ

「屋翳(おくえい)」:本来はバスとアップのツボですが、汗を止めるのにも効果があります。乳首から3~5センチほど上にあるツボを3分間ほどじっくりと抑えます。

「大包(だいほう)」:腕を組むような姿勢で両腕を交差させて、そのまま脇の下にあたる部分を押します。そのとき、両親指が空くので「屋翳(おくえい)」も親指で同時に押せば効果絶大です。

自分でできる方法で脇汗を止めることができたら、気になる脇汗に悩む必要もありません。




病院で脇汗を止める方法

自分が講じた対処法で汗が止まらないとき、汗は止まったけれど、今ひとつ匂いなども気になって仕方ないなどという人は迷わず病院を受診することをお勧めします。

病院では一人一人の脇汗の原因に応じてさまざまな処置や処方が行なわれます。


病院で行なわれる汗を止める方法

m015-180
・精神的なものが原因でわき汗がひどい場合

薬による治療が効果がある場合があります。プロ・バンサインやグランダキシンといった精神安定剤や自律神経を整える働きのある薬を服用することによって、精神的なストレスや緊張などを解し、汗を止めます。

・美容外科による手術療法

美容外科でワキガや多汗症の治療を行なう場合、手術療法が行なわれることがあります。脇の下の汗腺を焼き切ったり除去してしまったりする方法と、汗を出そうとする神経を切断して汗を出なくしてしまう方法です。

この方法で脇汗自体は他の方法よりしっかりと抑えることはできますが、欠点として、他の部位の汗の量が増えるという点があります。脇汗はとまったのに他の部分の汗で悩むことにもなりかねません。

・ボトックス注射

脇汗を根本から止める方法とはいえませんが、一回の注射でかなり長い間の効果が期待できるので人気があります。1回の注射で3ヶ月から半年ほど効果があります。しかし、この治療は保険が利かないため1回に10万円以上かかります。

この方法でわき汗が永遠に止まるというわけではないため、効果がなくなれば繰り返し行なう必要がありますが、費用が高いためずっと続けていくには抵抗のある人も多いでしょう。

自分でできる脇汗を止める対策よりは、汗を抑えるには効果はありますが、費用や副作用の点で負担が大きいのがデメリットといえます。
汗臭い、汗の臭い


記事一覧!

m015-357

脇汗を止める際に注意すべき点



登録フォーム

ページランク1以上の方が申し込みできます。
下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。


<a href="http://www.gfoushijuiceplus.com/" target="_blank">http://www.gfoushijuiceplus.com/</a>


サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。


ページランク チェックツール

ページランクが分からないときにご利用ください。



登録サイトのデータ更新と検索、そして削除

リンクを削除してから更新チェックをすると削除することができます。



新着サイト


上位サイト

http://www.san-dulber.com/