脇汗を止める際に注意すべき点

本人はまったく気にもしていなかったのに、周囲から脇汗が臭いなどといわれた。周りからは何も言われてはいないが、脇汗の匂いが気になる。

そういった場合、色んな方法で脇汗対策をすることになります。ここではそういったさまざまな脇汗対策に対する注意点などを紹介していきます。

脇汗対策で注意すべき点

m015-357

自分でできる脇汗対策には特に副作用などはありません。しかし、脇汗を気にしていると、脇汗が少し止まっただけで嬉しくなり、脇汗が引いているのにもかかわらずツボを押したり、リンパ節を冷やして見たりする傾向があります。

脇汗対策は脇汗が引いたらいったん中断。脇汗が復活したらまた対策を講じるようにしましょう。自分で行なうミョウバンや、塩化アルミニウム、ハッカ油を使用した脇汗対策は、濃度によっては肌トラブルの原因となるので、作り方や使い方などをきちんとネットなどで調べて、適度な濃度で行なうようにしましょう。

病院での脇汗対策の場合、精神安定剤や自律神経を整える働きのある薬を服用する際は、副作用なども大きいことからきちんと医師の指示に従って服用することが大切です。自己判断で量を増やしたり、勝手に止めたりすると症状が悪化する場合があります。

手術療法は脇汗を止めるには最善の方法ですが、手術で脇の下などに傷をつけて行なうため、日常生活にもどすまでに時間がかかるというデメリットがあります。

また、人によっては完全に汗腺等を除去することができず、高い費用をかけて手術を行なったのに効果がなかったという場合もあるので、信頼できる病院で医師と蜜にコンタクトをとりながら治療を行なうようにしましょう。

ボトックス注射ですが、これは手術療法とは違い、一時的に脇汗を止めるという治療法です。1回の注射で3ヶ月から1年ほど効果は持続しますが、効果がなくなったら再び受けなくてはなりません。また、まれに、筋肉が麻痺するという副作用が起こることがあります。

自分でできる対策でも、病院による治療でもメリットとデメリットがあるということをしっかりと頭に入れた上で、自分に合った対策を講じるようにしてください。

汗の臭いの悩みについてhttp://asekusai.net/



サイト

#サイト名PRリンク